やさしいけんちく

************
 坂口舞の
 これまで出逢った「やさしいけんちく」
 これから出逢う「やさしいけんちく」
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「けんちくのはなし」はじめます
プレスリリース!
福岡発信のおもしろいローカルメディアをつくろう!ということで、
リズムデザインの井手くんを中心として、福岡若手建築家が、
(若いくせに)重い腰をやっとおこしてたちあがりました(・e・)
(工務店のおじちゃん社長に、「若手って何歳くらいのこといいよると?」と、聞かれたので、
「30代前後くらい?」というと、まだはいっとったい!って言われました・・・泣)

「けんちくのはなし」はじまります。
第一回 2009年2月20日 19:00〜 

→くわしくはこちら(リンクができな〜い。少々お待ちを)

社会的な活動をするべき「建築家」。
わたしが、この仕事を志したころは、どちらかというと敷居が高く、
生活者には無縁の存在のような印象がありました。
敷居を下げたい!と、活動をはじめたのが9年前。
今は、「下がり過ぎやろ!!」というくらい、建築家が商品化され、消費されている今日この頃。

そろそろ、主体的に、
なにかを変えるつもりでがんばらないと、本当の意味での「建築家」と「生活者」の溝はうまらない。
「セイカツ」の基盤を変えれるような「建築」を生み出せない。
もっと、その境界は深く、、、
いや境界でなく曖昧で包括的ななにか。
すくなくとも、建築家だって生活者の一部なのだから。

第一回目は、井手くん昌平くんのそれぞれの活動について。

学生さん、設計事務所のアシスタントさんも参加可能とのことで、
ご希望の方はお問い合わせください。
*会場の都合で、先着順です。
ご協力いただきます、Mr.フローリングの平安さん、福岡大学FANのみなさま、
ありがとうございます。


コメント
from:   2009/02/18 10:09 AM
cocoaさん

お元気ですか?私も、大分でのふたつの家族との出会いは、
とても刺激的でした。もっと、わたしたちもたくさんのひとたちと話す機会があれば、もっと身近に感じてもらえるのでしょうね。
努力します。。。

今回の「けんちくのはなし」は、ちょっと専門家向けの勉強会。
いずれ、それらの話が記録されて、一般のひとたちにも広げて行けるよう、ひらがなになってます。

でもしばらくは、自分たちを磨くための、水面下の動きです〜

シンクロも、水の下で一生懸命足をばたばたしないと、
水の上できれいに見えません・・・

お客様の家づくりやわたしたちの仕事が、
よりレベルアップして満足度も高まるよう、日々修練いたします!
水面上にあがってきたときは、ぜひぜひ聞きにきてくださいね。
from: cocoa   2009/02/13 2:52 PM
マイさん、わかります!実は私も以前は「ザ・建築家」って感じで別世界の人たちと思ってました。でもマイさんに初めて大分事務所で会って話してからすんなりその敷居は取り払われましたよ^^その敷居を取り払うには実際会って話すこと、とっても大切だと思うし、ひらがなで「けんちくのはなし」ってとこも素人にもとっつきやすくていいですね☆もう建てたのに行きたくなります♪
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://imacafe.jugem.jp/trackback/134