やさしいけんちく

************
 坂口舞の
 これまで出逢った「やさしいけんちく」
 これから出逢う「やさしいけんちく」
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
学生デザインレビュー2009 について

伊東豊雄氏設計のぐりんぐりんにてのレビューの様子。(撮影:末広先生

びっしりスケジュールの2日間でした。
学生の頃、応募側で参加していたときとはまた違った見方ができ、感慨深くもありました。
たくさんの刺激を受けつつ、でも、普段自分が考えていることが言えたかなあ、
いや伝えられなかったなあ、とたくさんの反省。

かなり短い時間の間に「きらっ」と光るアイデアやカタチをみつけなくてはならないため、選ばれる作品はインパクトや存在感、表現の美しさで勝ち抜く。
クリティークのまな板にのった作品は、社会性のあるテーマだったり、いいカタチをつくる手法だったり、個人の繊細で絶妙な感性だったり、建築家としてのトータルバランスだったり、選ばれた理由もさまざま。どれも、すごいなあ、力作だなあと思う。でもある意味どれも、似通っているというか、みたことのある気がして、心にひびかない。

わたしの知りたかった、今の学生の考える「けんちくにたいする眼差し」って、パネルをじっくり見て、じっくり話して、じんわりと伝わることも多かったはずだ。(それでも、この仕事は「一瞬」で相手に伝えることをトレーニングしなくてはならないから、じんわりではだめなのは当然なんだけど。)

でも、自分のなかでもんもんとしてしまって、ほんとはいいこと考えているのに、
「自分には向いてない、だめなんだ」って思ってしまったら、どんどん「建築」の業界自体がだめになっていくと思う。
ちいさなけんちくで変えて行ける力とか、一気につくるカタチだけではなく徐々に変わって行く風景、みたいなものを、もっと評価したかったなあ。
みつけきれなかった。ちいさなけんちく!自信をもって、もっと目立ってくれ!っていう気分でした。

クールでスマートな東京の学生と、ストレートで熱い九州の学生?最後はそんな戦いにすりかわってしまって。。。
今後の時代を生き抜くのは、クールでスマートな東京の学生だけでなく、
ストレートで熱い九州の学生でもあってほしい(・e・)

そんなことを考える機会を与えてくださり、運営に熱意をもって取り組んでいただいた、九州大学の学生の皆さんとJIAの先輩方に感謝です。
そして、司会の土居先生、クリティークの伊東豊雄さん、佐藤淳さん永山祐子さん、ヨコミゾマコトさんのきれのある視点、勉強になりました。学生さん同様、わたしも進歩しなければ、、、です。

あ、お気に入りの「テント」の写真とってくるのを忘れた・・・
コメント
from: まい   2009/03/24 1:04 PM
竹本さま

ありがとう。こちらこそ、お世話になりました。
なにかあれば、また事務所にもお立ち寄りください。
from: 竹本明日香   2009/03/24 12:47 PM
九州大学の竹本明日香です。先日はお疲れさまでした。今回審査に密着させてもらっていろいろな話を聞かせてもらったことはとてもかけがえのない経験となりましたありがとうございました(o^∀^o)
from: まい   2009/03/23 8:51 PM
ありがとう。二日間おつかれさまでした。
メールしますので、写真よろしくおねがいします!
from: 都市のテントに住まう   2009/03/23 2:54 PM
名古屋工業大学 岡慶一郎です。先日は僕の案を評価してくださりありがとうございました。沢山の先生に見てもらえて勉強になりました。これからもがんばります、二日間ありがとうございました!

p.s 写真よろしければ差し上げますので下記のアドレスまで連絡いただけると幸いです。

foooooooh@yahoo.co.jp
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://imacafe.jugem.jp/trackback/141