やさしいけんちく

************
 坂口舞の
 これまで出逢った「やさしいけんちく」
 これから出逢う「やさしいけんちく」
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
妊娠と仕事のこと
わたしがはじめての子を妊娠して、それに気づいたのは、かれこれ6年も前になるのですが、やはり最初はうれしいやらどうしていいやらで、戸惑いました。
東京オフィスをつくったばかりでしたし、すでに進行している現場も、相談を受けているお仕事もあったので、なんとなくこどもは欲しいなあとはおもっていたけど、めでたい!というより、まずは「仕事どうしよう」が先にたってしまい・・・。
頼ってくれてるクライアントに、それなら・・・と断られるかもしれない、とか。
頼まれたとしても、ちゃんと責任もってやり遂げられるだろうか、、とか、くよくよ。

そもそも、お腹がいたくて内科に2度行って、「暴飲暴食です・・・」と診断されて納得するくらいの生活をおくっていたな・・・
直前に棟上げ式があり、大はしゃぎでよっぱらったな・・・
現場で床合板踏み外して、ドリフみたいに落っこちたな・・・

振り返るとまったく自覚がなかったことが明らかな日々だし・・・

は〜、どうしよう。悩んでも毎日は刻々とすぎていきます。


もうすぐ契約して前にすすめましょうか?という段階のクライアントさんとの打合せ。なかなかいい案が気に入ってもらえてほくほくしつつ・・・。実は妊娠していて、予定日はこの住宅の現場がはじまるころなんです・・・と報告。

どんな返事がかえってくるか、どきどきしながらお話しすると、

「自信ないならやめる?」とひとこと。

わたし、「いや、自信はあります!」と、直前までくよくよ悩んでいたのに、とっさに口にでたのは、そんな一言。

クライアント「じゃあ、がんばってよ。いい家期待してるから。」

わたし「はい、わかりました!」

ものすごく、シンプル。
今考えたら、このやり取りに、何度救われたことか。

あのとき、自分で決めた、という、たったそれだけだけど、ものすごく大切なその自覚をもたせてくれた一言。
当時、東京事務所はひとりでやっていたから、どんなことがあっても迷惑をかけないように環境を整えるしかないのだけど、結局この一瞬でその覚悟が決まりました。

きっと、仕事を休んでしばらくこどもとゆっくり・・・
という選択肢もあったとおもうけど、(それはそれで、きっと貴重な日々だったとおもうけど)今はこのときの根拠のない自信を持って答えた自分と、それを引き出してくれたクライアントさんに、感謝しています。

ちなみにスタッフCちゃんは、産休にはいる前に、「わたし、3歳までは家庭でこどもを育てたいんです!」と断言しておりました。3ヶ月の里帰り出産産休を終え、東京に戻って来たCちゃんからすぐに連絡があり、「家でふたりでいても暇なので、子連れで仕事いっていいですか?」とのこと。3年の予定が3ヶ月で産休が終わりました。

いろんな考え方があって、いろんな選択肢があると思います。
そして、産む前に想像していた自分と、産んだ後の気持ちと、またそれぞれ違うと思います。
育てやすい子もいれば、大変だな〜と感じる子もいる。
専業の大変さも、両立してみて気づく大変さもある。

でも、どんな選択肢をしたとしても、自分で決めた、と。そのときの自分の直感を信じてあげてさえいれば、いい方向にドライブかけられるんじゃないかなあ、って思います。

そして、これからは、いろんな仕事と生活のバランスの選択肢が可能になるような環境を整えつつ、かついいものづくりのアウトプットをし続ける、というのが理想です。試行錯誤の日々はまだまだ続きます。。。


JUGEMテーマ:家庭
コメント
コメントする